上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前々回、ひろちゃんがアップした記事の通り、
トッシーのウエディングパーティーに参加するべく
一路横浜へと向かった我らヘンダー頭ですが、
こんな時でないと、バンド単位で都心部へと
足を伸ばす機会ってなかなかないだろうと、
「横浜」そして、日本の音楽機材の聖地、東京「御茶ノ水」へと
俺、ひろちゃん、おとーさんの3人で行ってきました。


パーティー後、二次会までの空いた時間を利用して…

と、いうのも、
おとーさんのギターアンプ購入のための下見と
あとは、以前からバンド自体で一つ、簡単なPAセットを
持っていてもいいんじゃないかという話があったんですが、
その具現化に向けての下見を兼ねて…

そして、これは個人的にですが、バンドマンとして、
楽器の聖地でもある御茶ノ水へ行ってみたい、見てみたい!
というミーハー根性です。はっきりいって。

F1010125.jpg  F1010126.jpg
二次会は坐・和民で鍋をハイボールで流し込み、その後「サムズアップ」ってライブハウス行ってバーボンで撃沈。
右の写真は就寝前に行ったホテルの近くの、間仕切られてるカウンターで博多豚骨ラーメンを食わせる店。
で、肝心のラーメンの写真撮り忘れたし。。。とにかく人気の店らしかったけど、ウチのリーダーの口にはあまり…



で、次の日。

コンカード横浜まで電車で戻り、駐車場から車を出して、
いざ東京は御茶ノ水へ。

到着するとすでにお昼の時間。
そして、朝食抜きのまま向かった超腹ペコな、うちら3人。

早く車停めたいのにもかかわらず、安めの駐車場は「満車」状態。

なんだかなぁと、Uターンして戻ってみると、
反対車線の先ほどの駐車場に「P」の文字が。

「おお、今空いてるじゃん!」とさらにUターンしてくると「満車」…

なんっだや!

そのうちおとーさんが言いだした。

「腹いてぇ…」

駐車場に入れないいらだちと、
腹の内側からウーハーで突き上げられるような便意の狭間にたたされ
もはや極限状態のおとーさん。

昔、「冷静と情熱のあいだに」とかいうタイトルの映画があったような気がするが、
そのあいだにあるものって、こういうことなのかもしれないと、ふと頭をよぎったが、
0コンマ何秒後には「んなわきゃない」と、タモリばりに自分自身に突っ込んだ。

…話を戻します。

もう我慢できないと、裏路地の某セブン○レブンの前に路駐し、
車を乗り捨てるようにトイレを借りようと車を降りる。

しかし、腹ペコの状態でただ苦笑いをする俺とひろちゃんのもとへ
おとーさん、30秒程で戻ってきた。

「便所貸せねぇってよお!」

そうだ。都会の風は今でも冷たいままだ。
いや、違う。

数多の人々が往来する大都会東京。

スリや万引き、不審物・毒物などの投棄、ドラッグ類の蔓延…
引き起こされる数々の犯罪を回避するための自己防衛の結果なのだ。

そんな非情な事態を身を持って感じ、いまだ苦渋の表情のまま
おとーさんが次に向かった場所…

それは… 

コンビニ業界全国第二位 「ローソ○」

もうコンビニは無理だろう…
俺とひろちゃんが無言の中にも漂わせた雰囲気をはねのけるように
おとーさんは果敢にも、ある意味、リベンジしたのである。

「ちょっといってくるわ!」

まだこの大都会にも温かい部分が残ってるはずだといわんばかりの
おとーさんの語気に圧倒された俺とひろちゃんは、
引きとめることなく、おとーさんの背中をただ見送るしかなかった。

そして、およそ3分程経った頃だろうか。
俺たちの前に、その日の冬空のように晴れ渡った顔をした
おとーさんが戻ってきた。

「おー、あっぶねぇーっけよー!」

そうだ。勝ったのだ。
ウィナー、ヤン!だ。

そして、勝者への花向けの言葉を述べるように俺はおとーさんへ言った。
「よかったじゃん!すっきりした?」

「うーん。あんまり。」


って、なんでよ!!!!!


そんな紆余曲折がありながらも、結局、安めの駐車場が見つからず、
ちょっと高めの料金設定の駐車場に渋々車を入れ、
いよいよ、楽器の王国「御茶ノ水」へと3人は繰り出すのでした。


F1010129.jpg
「御茶ノ水」って、こんな店が数知れずある街です。






続く…

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://henhead.blog103.fc2.com/tb.php/496-8e5f0bf6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。