FC2ブログ
確実にリバウンド気味の鈍った己の肉体を戒めようと思い、ついこの間通販で衝動買いしたトレーニンググッズ「ローラースライダー」なるモノと調子に乗ってたわむれまくったところ、予想をはるかに上回る筋肉痛に襲われ、首も回らない苦しみの中、ヒロちゃんのまさかの2連続ブログアップに、思わず目を細めてしまう今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?


どーも。いとーです。


えー、得意のバタバタでアップすんの遅れたけど、この間の8日の土曜日。
横浜市日吉にあるライブハウス『日吉Nap』に木村充揮(元 憂歌団)のライブを見に行ってきました。

ライブハウス 日吉NAP

今日は木村ちゃんのライブっす♪

木村ちゃんが以前結成していたバンド「憂歌団」は、ジャパニーズブルースのパイオニア的バンド。

その「憂歌団」でメインボーカルを長年つとめていた木村ちゃんは、デビュー当時から「天使のダミ声」と名高く、俺自身、去年の春のWIND BLOWで初めて生でその歌声を聴いてからというもの、尊敬の念を抱かずにはいられない、マイフェイバリットなお方。

そんな木村ちゃんの歌を、手の届きそうなライブハウスで酒飲みながら聞けるとあって、以前からこの日をかなり楽しみにしてました♪♪

ライブ当日の夕方、程なくして無事日吉の地に到着し、そのまま『日吉Nap』へ。

開演1時間前の開場時間から最前列を陣取り、準備万端になったと同時に酒飲みスタート。
さすが、デビュー30数年迎えてる木村ちゃんのライブだけあって、見に来ている周りのお客さんの面々を見る限り、年齢層も若干高め。

一列後ろの自分の親父ぐらいの年代の方々と、酒飲みながら談笑しつつ、開演の時間を待ちます。。。

そしてほろ酔い気分の約1時間後、オープニングアクトのバンド2組の演奏が始まる。



骨太なグルーブ感が心地よい「伴片ブラザーズ」



アコースティックミュージックとお笑いの融合「すいかまん」



すいかまん
この人たちが“すいかまん”。自分のイボ痔の歌うたってた。ウケる(笑)



無事二組のバンドの演奏が終わり、ちょっとすると、観客の間を縫うように、
いよいよ!“ミスターブルースマン”木村充揮の登場!!
(そうそう、充揮と書いて「あつき」と読むんだよ。難しいら?笑)

ギター1本。
ギターアンプ1つ。
マイクスタンド1本。
椅子1脚。
ちっちゃいテーブル1つ。

・・・以上。

超~シンプルなステージセット。

そして、木村ちゃんが椅子に座るやいなや、スタッフがごく自然な動きで木村ちゃんの横のテーブルに酒(たぶんバーボンの水割り)を出す。

んで、これまたごく自然にその酒をすする木村ちゃん。



飲んで・・・
ちゅちゅちゅ~~



また美味そうに飲むんだよなぁ~木村ちゃんが。
俺もそれ見ながら、勝手に乾杯。


「まぁ、好きにやってください。こっちも好きにやりますんで。」


そんな木村ちゃんの一言から、ライブスタート。


木村ちゃんは本当に楽しそうに歌う。

彼独特なしゃがれ声は、聞き手のバックボーンに深く染み渡っていく。

ギター一本と歌のみの、ごまかしようのないライブ。

お客さんとの掛け合いもありつつ、かなり密度の高い空間の中、
汗だくになりながら、バーボンで水分補給しながら、んでたまに一服ふかしながら。。。



歌って・・・
飲んで歌って、汗だくのゴッド木村氏。



そんな木村ちゃんの作り出す空間に、こっちも自然に酒がすすむ。

時間もすすむ。 ゆったりと。。だけど深く濃密な。。。


特に、ウチのおとーさんも、以前ヘンダー頭ライブのときに歌った曲だけど

『胸が痛い』

あと、ヘンダー頭でもコピらせてもらった

『浮世の晩』

本家本元を生で聞けました。自然と涙がでました。



んで、酒の力も手伝ってか、木村ちゃんの世界観に引き込まれながらも、瞬くうちにアンコールも含め約2時間ちょいのステージが無事終了。


とっても素敵な、い~い夜でした。
また機会をうかがいつつ、見に行かせてもらいますね。



木村ちゃん。ありがとう。



神の椅子に座る
ついでに俺も一曲・・・(嘘っす。)







追伸

実はこのあと、なんやかんやで木村ちゃんと飲みました。
そんときの話しはまた後日にでも。。。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://henhead.blog103.fc2.com/tb.php/143-d01fc33c